2017-10

ツライけど、これが現実・・・


今回は サリーの左足の話です。


私の気持ちの整理の意味も含め 書いています。


決して楽しい内容ではないので、
興味のない方はスルーしてください。

 (文章ばかりの長~い記事になっています。)








サリーにラグランを着せて散歩すると、
こんな感じで袖が汚れます・・・

ソデ

住宅街の散歩だと、20~30分歩いただけでこんなに汚れます。

いつも思うんだけど、道路ってなんでこんなに汚いんだろ?

アスファルトの粉塵? 排気ガス? 埃?


まぁ それはともかく・・・
サリーは歩き方がおかしいので、必ず左のほうがいっぱい汚れます。


ソデ1


ソデ2


こないだも書きましたが、サリーは生まれつき左足が悪いです。

後ろから見ると、「く」の字に曲がってます。

春~秋ぐらいはまだいいんだけど、
人間と同じで寒い季節になると関節の動きが鈍くなるので、
ほかの3本に 左足の運びがついていかなくなるのです。


普通ワンコって 歩いてる時は 後ろ足も前足も左右交互に出してますよね?

で、走ってる時は左右同時についてるわけなんだけど、
サリーの場合、ちょっと早足になるだけで 
後ろ足がもう左右交互に出せなくなってしまうわけなのです。

なので、後ろ足はウサギみたいピョンピョン跳ねる感じになってしまいます。

それをカバーしようとすると 前足に体重がかかります。

だからソデがすごく汚れるし、左足がうまく地面につけていないので
左腕のほうがより汚れる・・・というわけです。


このピョンピョンが最近になってヒドクなってきたんです。

やっぱり確実に悪くなってきてるんだな・・・と、ショックでした。


おまけにこの冬のサリーちゃん、全然歩きたがりません。

元々散歩中 よく「もう歩かないっ!」て踏ん張ったりはしてたけど、
それでもダンナがアトムを連れて先に行っちゃうと
「待って~」慌てて追いかけてたんです。

でも最近はそれもやらない・・・手書き風シリーズ矢印下

「パパは?先に行っちゃったよ?!」って促しても 
しぶしぶ歩き出す、もしくはまったく歩かない・・・って感じです。

それを見かねて 私が「抱っこする?」って言って手を伸ばすと
「抱っこ~」ってすがりついてきます。

以前はそんなことなかったのに・・・


結局 歩いたとしてもね、下がコンクリートだと 
はっきり言って ヨチヨチって感じなんです。


サリーの歩きたくない理由が、足に違和感があるからなのか、
寒いからなのか、単なるわがままなのかはわからないけど、
そんな歩き方してるサリーが 「抱っこ~」ってきた時、
それでも 「自分でちゃんと歩きなさい!」と言って歩かせるほど、
私 スパルタにはなれません・・・


サリーが歩かない!って踏ん張った時、
一応1回は 「パパとアトム 行っちゃったよ!がんばって歩こうよ~」と促します。

でも、それでも歩かなかった時は もうムリさせずに
抱っこすることにしました。

それを 甘やかしてると言ってしまえば それまでなんだけど。

そうやってすぐ抱っこするから、
ますますサリーが歩きたがらないのかもしれないけど・・・

でもイヤがるサリーをムリヤリ歩かせても
サリーも楽しくないだろうし、私もダンナも見ててとてもツライです。


だからって ある程度は歩かせないと ますます筋肉が落ちてしまうので、
公園の芝生広場に連れて行って歩かせるようにしています。

元々 芝生で走るのは大好きなんです。

小さい頃から芝生でよく遊ばせてたから、
今でも 芝生=走るところ って思ってるらしく、楽しそうに走ります。

なので、冬のあいだは こうやってサリーが楽しいって思える場所で
歩かせたり ロングリードをつけて走らせたりしようと思いますあ

芝生広場2


  heart03  heart03  heart03  heart03  heart03  heart03  heart03


だけどね、問題がひとつ・・・

我が家の散歩はダンナのウォーキングも含まってるのです。

ウォーキング=速歩 なんですが、
我が家がいつも散歩で行ってる 車で10分ぐらいの公園、
調整池のまわりがグルッと回れるようになってて
ダンナはいつもそこを速歩で20分ほど回ってます。

そこはコンクリートなので、当然サリーを付き合わせるわけには行きません。

なので、私とサリーは そのヨコにある芝生広場で遊びながら待ってます。


アトムはいっぱい歩いて疲れてもらいたいので、
ダンナが速歩に連れていきます。

でもね・・・、アトムはサリー大好きっ子なので
サリーと離れると歩かなくなるんですアップロードファイル

アトムは お散歩に関してはマーキングする以外 特に問題のないコで
(いや、私的にはマーキングが一番問題だと思いますけど・・・)、
フラフラしないでリードを持ってる人の横にちゃんとついて歩けるコだったんです、
つい最近までは

でもね、最近サリーが歩かないで踏ん張ると抱っこしてもらえるから、
それを見て真似してるらしく、「歩きたくない!」って踏ん張って抵抗するんです・・・

寒いの大っ嫌いだから、抱っこして欲しいみたいなんだよね。

だから、ダンナが速歩したいのに アトムを連れてると速歩にならないうっ

でもサリーのペースと一緒じゃ アトムの散歩にならない・・・

う~ん・・・ 困ったものですかお


  heart03  heart03  heart03  heart03  heart03  heart03  heart03


サリーの左足の話に戻りますが、
足が悪いことについては かなり小さい頃からわかっていました。

なので、事あるごとにレントゲンを撮って 診てもらっています。

 
結論としては、今のところサリーも痛がってないし、炎症も起きていないので、
予防をしつつ 経過を見ていくしかないのです。

もちろん 即手術という選択肢もありますが、
手術をしたら もう今のように自由に歩けなくなってしまう可能性もあるわけで、
将来的にたぶんいずれ手術はしなければいけないと思われるので、
ギリギリまで様子をみましょう、ということに決めたのです。


その予防っていうのは、フローリングなどの滑りやすい場所はさける、
段差を昇り降りさせない、ジャンプさせない、などの一般的なことはもちろん、
関節予防のサプリメントを与える、いきなり走らせない、
ちゃんと4本足をついて歩くようにゆっくり歩く・・・などです。



さっきも書きましたが、左足のことは小さい頃からわかっていました。

まだサリーが5・6ヶ月の頃、将来的に歩けなくなってしまうかもしれない、と
聞かされた時はやっぱりショックでした。

私とダンナにとっては サリーが初めてのワンコだってこともあったので。

でも、その時 私は決めました。

 
たとえ歩けなくなっても、私がいつも抱っこしてどこでも連れていってあげるよ と。


家でまったり・・・も大好きだけど、
基本的にお出かけも大好きなコなんです。

だけど 散歩より カフェとかペットショップのほうがいいみたいだけどね笑

でも いつまでもずっとサリーの楽しそうな顔が見ていたいから、
だから これかもずっと一緒にがんばっていこうね♪♪


もちろんアトムも一緒だよハート




長い文章に 最後までお付き合いいただきました皆様、
本当にありがとうございました。






関連記事

ららぽーとでお友達と☆ «  | BLOG TOP |  » ミシン週間

mini diary



マウスオーバーすると
文章が表示されますよ~♪
ゆっくり読みたい場合は
ポチッとしてくださいませ♪





カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

chinatsu

Author:chinatsu


千葉県在住
7月25日生まれ・A型

<趣味>
☆ワンコグッズのハンドメイド
(ちょっとお休み中・・・)

☆ワンコグッズのショッピング

☆サリー&アトムの写真撮影
(お迎えした日から
 毎日撮影しています。)

サリー プロフィール


・ミニチュアダックス
・クリームパイボールド
・4.4キロ
・2004.10.1生まれ

・ショップ・カフェの店員さん大好き♪


script*KT*

アトム プロフィール


・カニンヘンダックス
 (ドイツ系)
・レッド(こげ茶?)
・3.1キロ
・2005.10.10生まれ

・サリーLOVE♪

・『as know as deWan』
プランタン銀座店
第2期PPBoyを務めさせていただきました


script*KT*

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

カウンター

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Instagram